陶芸家の友人が作ってくださいました。作品名:「麻里かあちゃん」
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
FAVORITE
MOBILE
qrcode
OTHERS

みせ麻里 Official Blog

<< no title | main | 20130401週間市議会報告1243号「意見書 生活保護引き下げストップ」 日本共産党浦安市議団 >>
20130325 週間市議会報告1242号 日本共産党市議団
消防職員定数  10年ぶりに30人増員
 日の出出張所整備に合わせて
   3月議会には、浦安市の職員定数を改定する条例案が上程されています。表面の議案と同じく25日の本会議にて採決されました。
   新町地域の消防出張所の整備は、東日本大震災の発生に伴う財源の確保として、2011年度に予定されていた基本設計の執行が凍結されました。
   2012年度には、仮称日の出出張所として、地質調査、測量業務、基本設計、実施設計の予算が計上され、2013年度には建設工事を行い、2014年度中の開署を予定しています。
 消防力の整備指針の基準に満たない定数増
   市に勤務する一般職職員の定員は、地方自治法、社会福祉法、地方教育行政の組織及び運営に関する法律並びに消防組織法に基づき、浦安市職員定数条例で規定しています。
   消防機関職員の定数については、2003年4月1日に、現在の170名に改定されて以来、10年ぶりに、仮称日の出出張所設置に伴い、定数を200名に引き上げるとしています。
   総務常任委員会では、仮称日の出出張所には、所長1名、1班11名の2班体制、総職員数23名となることが明らかになりました。
   2013年3月22日現在、浦安市の消防機関職員は168名です。
   現在の職員数に仮称日の出出張所の職員数を加えると191名となり

ますが、それでもなお定数よりも9名少なくて、更に、市町村が目標とすべきとして国が示した「消防力の整備指針」ですと70名も足りません。

   日本共産党は、国の指針の水準まで増員するよう求めています。


image.jpeg

 


- | - | -